アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマテラピーの仕組み
アロマテラピーの仕組み


アロマテラピーの仕組みについてご紹介します。
アロマテラピーは、植物から抽出したアロマオイルを使い、芳香成分を利用するものです。
森林や花畑を歩いた時には、誰もが気分が良くなることでしょう。
しかし、なぜ気分が良くなるのか、ちょっと不思議な気がしますよね。
実は、この感覚は、アロマオイルの作用と大きく関係していることなのです。

アロマテラピーでは、芳香成分を嗅ぐために、鼻の嗅覚を使いますよね。
私たち人間の嗅覚は、五感の中でも特別な感覚といわれていて、かなり早くから発達した感覚なんですよ。
つまり、視覚や聴覚よりも、嗅覚のほうがずっと鋭く強い働きをしてくれるのです。
視覚や聴覚は一次中枢が大脳新皮質にあり、大脳辺縁系に伝わるまで時間がかかります。
それに対し嗅覚は一次中枢が大脳辺縁系にあるため、大脳皮質のチェックを経ることなく、瞬時に身体調整へとつながっていきます。
ですから、アロマテラピーが病気の予防に役立つわけです。

アロマオイルの香りを嗅ぐことで、効率よく視床下部へと刺激が伝わっていきます。
そのため、自律神経のバランスを整え、心身の機能を向上させることが可能になります。
芳香成分は心地よいものですので、嗅覚から大脳辺縁系にダイレクトに伝わっていきます。
その結果、落ち込んだ気分をすぐにやわらげてくれるのです。
アロマテラピーは、大脳辺縁系につながった嗅覚を利用して行う、科学的な病気予防の方法といえるでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved