アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマオイルの光毒性
アロマオイルの光毒性

アロマテラピーでアロマオイルを使う場合には、光毒性に注意しましょう。
光毒性というのは、文字通りに太陽の光に反応する性質です。
ちなみに、光毒性は「こうどくせい」と呼んでも、「ひかりどくせい」呼んでもかまいません。
アロマオイルの中には、太陽の光に含まれる紫外線に反応してしまうものがあるのです。
ですから、肌に塗ったまま外出してしまうと、炎症をはじめとするトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

光毒性成分を含んだアロマオイルとしては、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、ライムが代表的です。
柑橘系の芳香成分を持ったものに多いんですね。
ただし、柑橘系の芳香成分があっても、光毒性成分を含まないアロマオイルもあります。
それは、スイートオレンジ、マンダリンなどです。
また、ベルガモットFCF(フロクマリンフリー)のように、光毒性成分を取り除いた商品も作られていますよ。
さらに、ライム、レモンのアロマオイルでも、水蒸気蒸留したタイプであれば、光毒性成分はないのです。
こうしたアロマオイルは、肌に塗ったまま外出しても問題ありません。

光毒性成分を含んだアロマオイルを使うアロマテラピーは、夜間だけに行うようにしましょう。
できれば、夜眠る前に行うのがおすすめです。
もしも日中にアロマテラピーを行う場合は、終了後数時間は直射日光を避けて行動して下さいね。
曇っている日でも、意外に紫外線は出ていますよ。
また、日焼けマシーンを利用するのもNGです。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved