アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマテラピーとアロマオイル
アロマテラピーとアロマオイル

アロマテラピーでは、植物から抽出したアロマオイルを使います。
アロマオイルは、エッセンシャルオイルや精油と呼ばれることもあります。
ハーブをはじめとする、芳香成分を持った植物を原材料にして、揮発性のオイルを作りあげるのです。
原材料は、植物の花が使われることが多いのですが、その他にも葉っぱ、根っこ、種なども使うんですよ。
また、樹皮、果皮、樹脂なども利用するので、アロマオイルはびっくりするくらい多様性のある香りになっています。
現在、なんと300種類以上もの種類があるとされています。

アロマオイルは植物によってそれぞれ異なる香りと効能があり、アロマテラピーにはなくてはならない存在となっています。
たった一滴のオイルを作るためには、非常に多量の植物がなくてはなりません。
原材料となる植物が少なければ、それだけ抽出後のオイルも高価になってしまうんです。
アロマテラピーでは気軽に使えるものもありますが、一般にはとても手が出ないような高価なアロマオイルも存在します。

アアロマテラピーに使うアロマオイルは、純度100%の商品をおすすめします。
表示にPure Essential Oil、100% Pure & Naturalとあれば大丈夫です。
そうでなければ、混ぜ物をしている可能性があるので、アロマテラピーには要注意ですよ。
アルコールなどで濃度を薄くした商品や、合成香料などを加えた商品は、安いけれど安全に使うことができません。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved