アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマテラピーと心の病気
アロマテラピーと心の病気

アロマテラピーは、体の病気だけでなく、心の病気にもすばらしい効果があります。
ここでは、どんなアロマオイルが、どんな症状に効き目があるのかをご紹介します。
アロマテラピーは作用がおだやかで、ナチュラルな植物成分を利用できるのがメリットです。
薬に頼らず、元気になりたい方には非常におすすめですよ。

不安感がなかなか消えない時には、フランキンセンス・ゼラニウム・ジュニパーベリーラベンダー・シダ?ウッド・クラリセージ・スィートマジョラム・ローズウッド・サンダルウッド・タンジェリンといったアロマオイルがおすすめです。
また、不安感がセクシャルなものであれば、イランイラン・サンダルウッドがぴったりです。
何が起こっても反応が鈍くなる時には、無感動な気持ちをやわらげるタンジェリン・レモン・オレンジ・ティートゥリーがいいでしょう。

仕事が忙しくて疲れている時は、ラベンダー・ローズウッドが効きます。
集中力低下が気になるようなら、アロマテラピーでシダ?ウッド・ユーカリ・ローズマリーですね。
過労によるストレスがたまっているようなら、クラリセージ・ローズマリーがいいですよ。
また、現代病ともいえるうつ症状に悩む方には、ラベンダー・カモミールローマン・サンダルウッド・イランイラン・クラリセージ・フランキンセンス・ゼラニウム・タンジェリン・オレンジがおすすめです。
外出がおっくうになるひきこもり症状には、スィートマジョラム・オレンジの助けを借りてみましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved