アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマテラピーとホリスティック
アロマテラピーとホリスティック

アロマテラピーは、ホリスティックにもよく利用されています。
ホリスティックというのは、イギリスで発生したものです。
もし心や体にトラブルが起きた場合、体全体のバランスを整えるべきだという考え方なのです。
心や体にトラブルが起きた場合、トラブルが起きた場所だけをケアするのではなく、体全体の問題として考えるべきだとしています。
いわば東洋医学的な考え方ですが、現代の西洋医療が一般的な欧米では、ホリスティックは画期的な考え方ですね。

イギリスではガーデニングが大人気で、植物がとても身近なものになっています。
そのため、ホリスティックが広まる土壌があったといえるでしょう。
体と心のバランスをとる重要性が認知されているので、アロマテラピーも自然療法として親しまれています。

ホリスティックでアロマテラピーが利用されるようになるには、いろいろな研究者の努力があってこそです。
生化学者であるマルグリット・モーリーは、アロマオイルと植物油を混ぜて行う、アロマオイルマッサージを1960年代に考案しました。
これは、イギリスにおけるアロマテラピーに強い影響を与えることとなりました。
その後、1978年にロバート・ティスランドが「アート・オブ・アロマセラピー(アロマセラピー(芳香療法)の理論と実際」を書いて話題になります。
日本では、東邦大学名誉教授である鳥居鎮夫博士が、植物の芳香成分について研究を重ね、世界的に高い評価を受けています。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved