アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマテラピーと風邪
アロマテラピーと風邪

アロマテラピーは、病気予防にも非常に役立ちます。
風邪をひいたかな?という時には、ぜひアロマテラピーを活用してみて下さい。
植物のもっている芳香成分が、体にやさしく働きかけますよ。
ナチュラルな成分を利用した方法なので、薬を飲むときにありがちな胃もたれもありません。

おすすめの方法は、手頃なボウルに熱湯をそそぎ、その中にアロマオイルを1滴から2滴入れる方法です。
あたたかい湯気とともに、芳香成分が部屋の中に広がっていくでしょう。
ティートリーやユーカリといったアロマオイルは、殺菌作用にすぐれていることで有名です。
部屋の空気を清浄化してくれるので、定番としてぜひそろえておきたいですね。
風邪の予防には、まさにぴったりのアロマテラピーとなりますよ。

室内用スプレーを作っておき、ルームスプレーとして利用するのもおすすめです。
先ほどご紹介したティートリーやユーカリといったアロマオイルをはじめ、ペパーミント、レモンなどもいいですよ。
香りの好みもありますので、いろいろ組み合わせてあなただけのルームスプレーを作ってみましょう。
作り方はとてもかんたんで、誰にでもすぐにチャレンジできますよ。
まず、スプレー容器に、アロマオイルと無水エタノールを混ぜます。
その後、スプレー容器をしっかり振ってから、精製水を加えれば完成です。
この時、アロマオイルの濃度が濃すぎるとよくないので、0.5%未満になるように上手に調整して下さいね。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved