アロマテラピーではじめる病気予防

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > アロマテラピーとは?
アロマテラピーとは?

アロマテラピーは英語でaromatherapyと書きますが、アロマは芳香のことで、テラピーは治療を意味しているんですよ。
アロマテラピーを行うことは、植物の持っている香りのパワーを利用して、心や体に働きかけることにつながります。
植物の香りを嗅ぐと、なんだか気分がすっきりしたり、くつろいだ気分になったりしませんか?
実は最近の研究で、私たち人間の自然治癒力に対し、植物の芳香成分が有効に作用することがわかってきたのです。
ですから、アロマテラピーと病気予防は、非常に関係が深いことがわかります。

アロマテラピーは、植物の芳香成分を上手に利用した自然療法なのです。
植物の花、葉、樹液などから採集した成分を凝縮していますので、ナチュラルさが自慢です。
化学成分をたくさん使った薬とは異なり、心や体におだやかに働きかけることがポイントです。
副作用もありませんので、子供やお年寄りのいる家庭でも、アロマテラピーを活用できるのがいいですね。

植物の芳香成分が脳に伝わることで、免疫力を高めることもできるんですよ。
免疫力を高めることは、ウイルスへ抵抗力をつけることにつながり、病気予防にも非常に役立ちます。
ふだんからアロマテラピーを行うことで、薬を使わずに風邪対策ができるようになりますよ。
また、植物の芳香成分が脳に伝わると、ホルモンの分泌のバランスを整える効果も期待できます。
その結果、健康や美容のトラブルの予防や改善ができるわけです。

関連エントリー
Copyright © 2009 アロマテラピーではじめる病気予防 . All rights reserved